モバイル端末には

スマホをお持ちの方は普段どのような使い方をされているでしょうか?
もう電話、メール機能だけ利用している方は少ないことでしょう。

スマホでネットサーフィンをするのは当たり前の時代。ただ、どの携帯電話のキャリアさんもデータ使用量の制限があります。7GBという多いようで少ない、あれです。

そもそもデータ使用量って何?って思われる方は多いのではないでしょうか?
データ使用量とは、スマホでネットに接続して得たデータ量のことです。そのデータ量に7GBという制限があります。7GBを超えてしまうとデータ通信速度が遅くなります。イライラは半端ないです。

そのデータ通信遅延を解消するためにモバイルWiFiルーターというものがあります。
そもそもデータ通信量は3Gや4G、LTE通信をしようした際に計測され、制限されるものなのです。
スマホの電波は先ほど挙げた3Gや4G、LTE通信とWiFiという2種類の電波が利用できます。

どちらの電波を利用してもインターネットは楽しめます。ただWiFiの電波を使う方がサクサク速度も速く、動画など楽しめます。
4GやLTE通信では月初はサクサクとインターネットを楽しめても月末になると速度が遅くなってしまっている方は多いのではないでしょうか。データ通信量を抑えるためにもWiFiを使うことをお勧めします。
自宅でインターネット回線を引くのはなぁと考えてたり、外でもWiFiが使えたらと考えている方にお勧めなのがモバイルWiFiルーターなのです。

外出先でもWiFiの電波をルーターがキャッチしてスマホへ電波を流してくれます。つまりはストレスなくインターネットが楽しめるのです。
ただ、このモバイルWiFiルーターは端末によってはデータ通信量の制限が設けられている端末もありますので購入の際は注意が必要です。
無制限のルーターの購入をお勧めします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です